現在のページ : トップページ

弁護士をどう呼ぶか

弁護士を「さん」で呼ぶのか、それとも「先生」で呼ぶかということについて見ていきましょう。
例えば、病気になって病院に行った際、どのようにお医者さんを呼びますか?「さん」とお医者さんを呼ぶ人は「さん」を付けて、「先生」とお医者さんを呼ぶ人は「先生」を付ける、ということで十分でしょう。
特に、医者と弁護士が同格であるということではありません。

弁護士に対してどのように呼ぶといいのか分からない場合は、意見を専門家に求める立場の場合に、客観的に自分であれば普段どうしているのかということを考えてみるといいでしょう。
代表的な専門家で、人生において一度は誰でも接したことがあるような人がお医者さんでしょう。
そのため、お医者さんと同じよう考えておくと十分でしょう。
ほとんどの人は、迷わないで「先生」とお医者さんに対しては呼ぶのではないでしょうか。
そのため、「先生」と呼んでおく方が弁護士の場合でも無難でしょう。

もし、弁護士で「さん」と呼ばれて嫌な顔をするようであれば、心がちょっと狭いような気がしますね。
実際には、弁護士を「先生」とほとんどの人は呼んでいます。
これが常識であると考えている人も世の中には多くいるでしょう。
「さん」と呼ばれても特に嫌ではない場合でも、弁護士からすると「この人はあまり社会経験がないのかも知れない」と見られる場合もあるかも知れませんね。
本サイトでは、なぜか先生と呼ばれる、どうして先生と呼ぶか、責任を意識させる、についてご紹介します。



[特選外部サイト]
企業法務を専門に行っている弁護士に手頃の料金で依頼できるサイトです ⇒ 企業法務 弁護士